過去の記録
I.
2001年 2005年 2009年 2013年 2017年  
2002年 2006年 2010年 2014年    
2003年 2007年 2011年 2015年    
2004年 2008年 2012年 2016年    
   
U.

時期
タイトル
分野
 
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo
西ノ島町公演
海士町公演

   
 
■2017年度
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
第4回公演『les gens de tokyo 東京の人々』 『パワポル』

2017年2月18日(土)〜2月19日(日)
第4回公演は、ディディエ・テロンの振付&演出『les gens de tokyo 東京の人々』 、スズキ拓朗振付&演出『パワポル』を上演いたしました。

 
 

サマーアートスクール 2017
Summer Art School 2017

2017年7月22日(日)〜9月3日(日)

 
  インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響−Kyo
2017年9月 英国ツアー

「Open State(振付:Adam Benjamin)」 「Border(振付:岩淵多喜子)」
   
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
響 -Kyoと踊ろう ダンスワークショップ

2017年9月23日(土) 〜12月2(土)

 
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
ダンス・ダイナミクス・ワークショップ

2017年11 月18 日(土)−19 日(日)
講師: ヴォルフガング・シュタンゲ

 
■2016年度
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
ワークショップ
2016年2月7日(土)
障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール
ファシリテーター:岩淵多喜子(響-Kyo 芸術監督)

 
 

第7回「私と町の物語」展覧会
最終回

2016年3月24日(木)〜29日(火)
港区立麻布図書館 5階視聴覚室 

   
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
ファシリテーションワークショップ

2016年6月25日(土)〜9月22日(木・祝)

 
 

サマーアートスクール 2016
Summer Art School 2016
2016年7月23日(土)〜9月7日(水)

 

 
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
響 -Kyoと踊ろう ダンスワークショップ

2016年5月22日(日) 〜9月25(日)

 
■2015年度
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
第3回公演『Border』

2015年11月7日(土)〜11月8日(日)
アサヒ・アートスクエア

 
 

サマーアートスクール 2015
Summer Art School 2015

2015年7月25日(土)〜9月6日(日)に、ひとりひとりが創造的な自分自身を “探検する場”としての各種アート・ワークショップを開催しました。

 
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
第2回公演『Open State』

第2回公演は、アダム・ベンジャミンの振付&演出により上演されました。
オープン・ステイトとは劇場の照明を表す用語です。すべてを露わにし、何も特別なことも、隠すこともない状態のことです。ここが私達が始める場所・・・、私達が人間として、何かを隠し始める前の状態、オープン・ステイトです。

 
  アダム・ベンジャミンによる
インテグレイテッド・ダンス・ワークショップ


6月25日(木)森下スタジオ・Cスタジオ、7月2日(木)江戸川区総合文化センターにて、ダンス・カンパニー響との共同制作プロジェクトで来日するアダム・ベンジャミンのダンス・ワークショップが開催されました。
 
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
初公演『知るということ』

車イスのダンサーを交え、様々に異なる身体性を活かして新しいダンスの領域を拓きつつある日本初のインテグレイテッド・ダンス・カンパニー初公演は、国内外で活躍する鈴木ユキオによる振付作品。『知るということ』をテーマに体を掘り下げることをテーマにした作品を上演しました。

ダンス
■2014年度
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー 響-Kyo
Integrated dance company Kyo
障害のある人もない人もいっしょに踊るダンス・ワークショップ」

11月8日(土)、9日(日)に神奈川芸術劇場KAATで "インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo"による 「障害のある人もない人もいっしょに踊るダンス・ワークショップ」 が開催されました。

ダンス
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー
Integrated dance company
公演『ワーク・イン・プログレス / Work in Progress』

身体障害のある舞踊家を含むインテグレイテッド・ダンス・カンパニーがいよいよ始動しました。 
1995年2月28日、3月1日の本公演(アサヒ・アートスクエア)に先立ち、 現在のカンパニーの 作品制作途上をご覧いただきます。

ダンス
 

サマーアートスクール 2014
Summer Art School 2014

ひとりひとりが創造的な自分自身を“探検する場”としての各種アート・ワークショップを提供しました。
障害の有無を超えて共に創造するプロセスの中で、それぞれの異なる感性や創造性を分かち合い、学び合うことによって 新しいアートの可能性を探りました。

チラシpdf

総合
 

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー
Integrated dance company

インテグレイテッド・ダンス・カンパニー(仮称)設立のための 継続オーディション・ダンス・ワークショップ
共同芸術監督に、岩淵多喜子さん、鈴木ユキオさんを迎え、身体障害のある人とない人とによって構成されるダンス・カンパニー「Integrated dance company(仮)」を立ち上げます。
「Integrated」とは「完全な・統合された・差別のない」という意。 さまざまな身体の魅力を取り込み、オルタナティブな身体表現がうまれる場を生み出すことを目指します。身体障害の有無に関わらず共にダンス・身体表現・舞台をつくる場を共有していきたいと考えています。

ダンス

 

第7回「私と町の物語」展覧会

過去の写真&物語パネル展
この町で写された個人の昔の写真とそれにまつわる物語を聞き書きし、パネル展示しました。写真から人々の、そして町の物語が浮かび上がってきます。
「町を詠む」 デジタル・アート俳句展
俳句は世界で最も短い詩の様式で、わずか17音で切り取られた一瞬が凝縮されて表現されます。「町を詠む」デジタル・アート俳句展は、私達の住んでいる町、働いている場所を俳句で分かち合おうという展覧会でした。
「縁台プロジェクト、建築ツアーなど

チラシ表紙  チラシ2ページ   チラシ3ページ   チラシ4ページ

展覧会/アート・プロジェクト
 

ジョー・パークスによるダンスワークショップ

身体障害のある方とない方がどのようにコンテンポラリー・ダンス の技法を生かしながら、ダンスを創っていくかを学ぶワークショップ。
身体に障害のある方の動きの特性、また、車椅子の動きの特 性を生かしながらダンスを創っていきます。新しいダンス表現を模 索している舞踊家の方達や障害のある人達と活動を展開している 方々にとって学びの多いワークショップ(日英通訳付き)。

チラシpdf

総合
■2013年度
 

「私と町の物語」は都心の最も変化の激しい地(港区)に生きてこられた方々の1枚の写真とその物語を集めることから、地域の物語を読み解き、過去の物語を未来につなごうとするコミュニティ・アート・プロジェクト。

2013年度 私と町の物語展覧会

下のPDFファイルは、お知らせパンフレットの内容です。

チラシ

展覧会/アート・プロジェクト
 

障害の有無を超えて共に創造するプロセスの中で、それぞれの異なる感性や創造性を分かち合い、学び合うことによって新しいアートの可能性を探りました。
2013 サマー・アート・スクール

下のPDFファイルは、お知らせパンフレットの内容です。

チラシ表紙    チラシ中ページ

日時:2013年7月26日(金)〜8月18日(日)
ワークショップ講師&日程
ダンス・ダイナミクス by ヴォルフガング・シュタンゲ:
7月26日(金)〜7月28日(日)
創造的な音楽づくりワークショップ by シャーリー・サーモン:
8月2日(金)〜8月4日(日) 8月10日(金)〜12日(日)
人形劇ワークショップ by 平常:
8月10日(土)〜8月11日(日)
詩をつくるワークショップ by 工藤 直子:
8月17日(土)〜18日(日)
対話する絵画ワークショップ by スギヤマ カナヨ:
7月30日(火)
視覚を超える造形ワークショップ by 眞田 岳彦:
8月8日(木)〜8月9日(金)

総合
 

アダム・ベンジャミン氏によるダンス・ワークショップ

日時:2013年7月5日金)〜7月6日(土)
英国において身体障害者の方々と共にコンテンポラリー・ダンスの振付や教育活動を行ってきたアダム・ベンジャミン氏によるダンス・ワークショップ。

チラシPDFはこちらから

総合
■2012年度
 

障害のある人もない人も共に創造する
2012 サマー・アート・スクール・パフォーマンス&展覧会

2012年7月28日(土)−9月2日(日)
ワークショップ講師&日程
ダンス・ダイナミクス by ヴォルフガング・シュタンゲ:
7月28日(土)〜29日(土)8月3日(金)〜5日(日)
鑑賞から創造的な音楽づくり by フェルナンド・パラシオ:
8月7(火)〜8日(水) 8月10日(金)〜12日(日)
フォーラム・シアター by 花崎摂:
8月11日(土)〜12日(日)
未知の表現と出会う絵画 by はたよしこ:
8月18日(土)〜19日(日)
視覚を超える造形ワークショップ by 西村陽平:
7月28日(土)〜29日(日)

■主催 クリエイティブ・アート実行委員会
■共催 東京都教育委員会
■企画制作 ミューズ・カンパニー(問合せ先:03-3479-8535)

総合
■2011年度
 

- 港区文化芸術活動助成事業 -
人と人をつなぐ、過去と未来をつなぐ
コミュニティ・アート・プロジェクト
第6回私と町の物語展覧会

パネル展示
3月24日(土)〜31日(土)港区立東町小学校2階ホール
(金)明治学院記念館1階&2階, 高輪消防署二本榎出張所3階円形講堂

関連イベント
■光のインスタレーション
「Silver Silence」 田口一枝
■トーク
1)「町を語る−麻布・水の物語」 岩田隆之、他の方々
2)「家を語る−歴史的建造物に住む」 山岡嘉彌
■ディスカッション
『町を創る−子ども達に残したいコミュニティとは』
延藤安弘(まちの縁側育み隊代表理事)、町会の方々
■体験コーナー
『江戸・明治・東京重ね地図』
■詩の朗読&コンサート
和合亮一(詩人)&長谷川美保(オルガニスト)
■建築ツアー
1.青山現代建築巡り
2.港区の江戸―三田寺町を歩く

詳細はこちら≫≫

展覧会/アート・プロジェクト
12月-2012年3月

港区NPO活動事業助成
町で楽しむ親子アート・ワークショップ・シリーズ

このアート・ワークショップ・シリーズは
港区内の親子にフォーカス、日本の子供も外国の子供も、
障害のある子どもも無い子供もいっしょに、
両親も交えて共に創造的な表現活動行ないながら、
区の様々な人達の交流を図ります。

2011年12月〜2012年3月

総合
7月-9月

障害のある方とない方が一緒に参加し、アートを創造する
「2011 サマー・アート・スクール」

さまざまなアーティストが講師を務め、
ダンスや音楽、美術など、多方面のワークショップ、ディスカッション、そして展覧会を開催する
サマー・アート・スクール。
障害の有無を超えた個性や創造性を分かち合いながら、
新しい表現と感性を探ってみませんか?

会期:2011年7月29日(金)〜9月8日(木)
◎今年度参加アーティスト
ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家、舞踊教育家)
巻上公一 (モダン・ヴォーカリスト)
井崎哲也 (演出家・俳優)
沢 則行 (人形芝居アーティスト)
荒井良二 (イラストレーター・絵本作家)
駒形克己 (造本作家・デザイナー)

総合
■2010年度
1月-3月

「2010年度ウィンター・アート・スクール」

毎年夏に開催している「サマー・アート・スクール」を当年度は冬季に特別開催し、障害のある方と障害のない人とが、「共に参加し、表現、創造する場」として、様々なワークショップを実施しています。

会期:2011年1月29日(土)〜3月20日(日)
参加アーティスト
●ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家)
●ダグ・グッドキン(音楽家、音楽教育家)
●小山田 徹(現代美術家)
●田中 秀穂(造形作家)
ゲスト
●木下 勇(都市研究家 大学教授)

総合
■2009年度
7月-9月

「2009サマー・アート・スクール」

毎年夏に開催している「サマー・アート・スクール」は、障害のある方と障害のない人とが、「共に参加し、表現、創造する場」として、様々なワークショップを実施しています。

会期:2009年7月25日(土)〜9月3日(木)
参加アーティスト
●ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家)
●高田豪(演劇教育家)
●三好哲司(演劇教育家)
●クリス・バートラム(音楽教育家)
●長田謙一(美術史、首都大学東京教授)
●MAYA MAXX (画家)
●眞田岳彦(衣服造形家) 他
ゲスト
●森裕子(ダンサー/モノクロームサーカス)
●坪能由紀子(創造的な音楽教育)

総合
■2008年度
8月-2009年3月

「コミュニティ・ダンス インターンシップ プログラム」

コミュニティ・ダンスは 地域の人達や ふだん ダンスにアクセスしにくい人々に、 単にダンスを享受するだけでなく自ら創造する場を提供し力づけていくことで、 人々とコミュニティ(社会)を活性化していこうという活動です。 このプログラムは コミュニティ・ダンサーとしてのコミュニケーション・スキルや ファシリテーション技術を身につけていくと共に、 あなたのコミュニティ・ダンスをどのように立ち上げていくかを多面的にサポートし、 社会の中に位置づけていこうという試みです。

会期:2008年8月31日〜2009年3月31日
参加アーティスト
●岩下徹(振付家、ダンサー)
●若栗文則(振付家、ダンサー)
●ジョー・パークス(振付家、ダンサー ドイツ
●北村明子(振付家、ダンサー)
●じゅんじゅん(振付家、ダンサー)
●高田豪(身体表現教育家)
●大谷燠(コミュニティ・ダンサー)
●鯨岡峻(心理学者)
●清水博(哲学者)
●フランソワ・マタラッソ(作家、コミュニティ・アート研究家 英
●ローズマリー・リー(振付家、ダンサー 英)

ダンス
7月-9月

「2008サマー・アート・スクール」

毎年夏に開催している「サマー・アート・スクール」は、障害のある方と障害のない人とが、「共に参加し、表現、創造する場」として、様々なワークショップを実施しています。

会期:2008年7月20日(日)〜9月4日(木)
参加アーティスト
●ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家、英国)
●竹内敏晴(演出家)
●田假奈代(詩人、詩業家)
●ヴォルフガング・ハートマン (創造的な音楽、ドイツ)
●鳥越けい子(サウンドスケープ研究家、サウンド・エデュケーション)
●いとうひろし(絵本作家)
●西村陽平(造本作家)
ゲストパフォーマー
●小曽根真(ピアニスト)

総合
■2007年度
7月-9月

「2007サマー・アート・スクール」

毎年夏に開催している「サマー・アート・スクール」は、障害のある方と障害のない人とが、「共に参加し、表現、創造する場」として、様々なワークショップを実施しています。

会期:2007年7月27日(金)〜9月2日(日)
参加アーティスト
●ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家、英国)
●はせみつこ (ことばのパフォーマー)
●竹内敏晴 (演出家)
●フェルナンド・パラシオ (創造的な音楽、スペイン)
●古川聖 (作曲家、聴覚障害のある方との音楽づくり)
●岡本光平 (書家)
●駒形克己 (造本作家)
ディスカッションゲスト
●上田假奈代(詩人)

総合
3月

港区60周年記念ウィーク
「まちに親しむ、まちを楽しむ」

主催:港区
協力:在日カナダ大使館、株式会社綱町倶楽部、財団法人国際文化会館、社団法人銕仙会、株式会社八芳園、財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団
事務局:港区総合経営部企画課・港区政60周年記念事業支援チーム
業務支援受託事業者:クリエイティブ・アート実行委員会

総合
■2006年度

■公演

11月〜12月 CandoCo Dance Company Japan tour 2006
カンドゥーコ・ダンス・カンパニー 2006年日本公演

11月27日−29日 福岡ワークショップ
11月29日     福岡公演
12月 2日      岐阜ワークショップ
12月 3日      岐阜公演
12月 5日      鳥取ワークショップ
12月 6日      鳥取公演
12月 9日−10日  札幌ワークショップ
12月10日     札幌パフォーマンス

ダンス
■ワークショップ
7月

2006サマー・アート・スクール

毎年夏に開催している「サマー・アート・スクール」は、障害のある方と障害のない人とが、「共に参加し、表現、創造する場」として、様々なワークショップを実施しています。

会期:2006年7月24日(月)〜8月6日(日)
参加アーティスト
●ヴォルフガング・シュタンゲ(振付家)
●井崎哲也 (日本ろう者劇団俳優)
●竹内敏晴 (演出家)
●飯塚暁子 (音と動きの表現ワーク指導者)
●明和電機 土佐信道 (アーティスト)
●はたよしこ (絵本作家)
●西村陽平 (造形作家)+古川聖+牛大悟+豊田美楠子
●清水博 (科学者、思想家)

総合
■展覧会
3月

第4回「私と町の物語」展覧会

東京港区で行っているコミュニティ・アート・プロジェクト「私と町の物語」。毎年3月に開催している展覧会も第4回を迎えました。

会期:2006年3月18日(日)〜26日(日)
参加アーティスト
●谷川俊太郎+谷川賢作(振付家)
●鳥越けい子 (サウンドスケープ、聖心女子大学教授)
●水と油 (マイム・パフォーマンス・グループ)
●西村洋平 (造詣作家)
●開発好明 (アーティスト)
ディスカッションゲスト
●鷲田清一 (臨床哲学)

展覧会/アート・プロジェクト
■2005年度
■ワークショップ
10月〜12月 第4回私と町の物語展覧会にむけてのワークショップ 総合
7月24日〜8月9日 2005サマー・アート・スクール 総合
1月21日、28日、2月4日 長期療養中の子供達との演劇ワークショップ(講師:ク・ナウカ) 演劇
1月23日、2月6日 障害のある方との「和太鼓ワークショップ」(講師:富田和明) 音楽
■展覧会
2005年3月19日-27日 港区コミュニティ・アート・プロジェクト 第3回『私と町の物語』展覧会 展覧会/アート・プロジェクト
■2004年度
■ワークショップ
12月12日 聴覚障害のある方との「ダンスワークショップ」(講師:アダム・ベンジャミン) ダンス
12月11日 身体障害のある方(車椅子の方を中心に)との「ダンスワークショップ」(講師:アダム・ベンジャミン) ダンス
11月10、27、30日 マイム的ダンス・ワークショップ(講師:じゅんじゅん(水と油)) ダンス
10月13、20、27日 コンテンポラリー・ダンス・ワークショップ(講師:伊藤キム) ダンス
10月9日〜11日 自閉症の子供達と活動するための「声と動きのワークショップ」(講師:イザベル・ジョーンズ) 音楽
ダンス
10月11日、27日、12月4日 高齢者の方との「ダンスワークショップ」(講師:岩下徹) ダンス
9月19日、10月17日、11月7日 障害のある方との「音楽ワークショップ」(講師:飯塚暁子) 音楽
8月28日、9月11日、25日 高齢者の方との「ダンス」ワークショップ(講師:山田うん) ダンス
8月〜3月 「アーティスト・イン・コミュニティ・プログラム2004」 総合
7月26日〜8月22日 2004年サマーアートスクール 総合
6月20日、6月27日、7月4日 障害のある方との「演劇」ワークショップ(講師:花崎摂) 演劇
5月22日、6月5日、6月22日 高齢者の方との「創造的な音楽」ワークショップ(講師:坪能由紀子) 音楽
5月12、19、26日 『体と対話する〜呼吸に気づく』by井上ウィマラ 身体
4月3-4日 『ダンス・ダイナミクス』byヴォルフガング・シュタンゲ ダンス
1月28日、2月4日 『振付学』by早川朋子 ダンス
1月14日 『ワークショップの組立方』by柴田礼子  
■レクチャー
2月11、18、25日

『ダンス・パフォーマンスの可能性』 講師:立木あき子
各回ゲスト:矢内原美邦、伊藤キム、山田うん

ダンス

1月21日 『ダンスと学校教育』by片岡康子 ダンスと教育
■展覧会
3月21-28日

港区コミュニティ・アート・プロジェクト 第2回『私と町の物語』展覧会 展覧会/アート・プロジェクト
■2003年度
■ワークショップ
12月3、10、17日 『即興から振付へ』byケイ・タケイ ダンス
11月22-24日 『即興のダンスをパフォーマンスにする』byアダム・ベンジャミン ダンス
11月12、19、26日 『コンテンポラリー・ダンス・テクニック』by山田うん ダンス
10月6、20、27日 『身体との対話から即興のダンスへ』by高橋和子 身体
ダンス
9月13、14日 『コンテンポラリー・ダンス・テクニック』by岩渕多喜子、太田ゆかり ダンス
9月8、15、29日 『身体と対話する〜からだとことばのレッスン』by高田豪 身体
9月-04年3月

『コミュニティ・ダンス・アーティスト・トレーニングコース』 総合
7月29日〜8月13日 『サマー・アート・スクール』 総合
3月-4月 『ダンス・ダイナミクス・ワークショップ』 by ヴォルフガング・シュタンゲ ダンス
3月 『地球の音とパーカッション・ワークショップ』 by 越智ブラザーズ

音楽

1月-2月 『からだとことばのレッスン』 自分と対話する〜他者と対話する 身体
■レクチャー
9月22日、10月15日 『老年学〜加齢による身体とこころの変化』by柴田博 老年学
■ツアー
1月 『Art in the Community』 英国研修ツアー 総合
■展覧会
3月1日-16日

港区コミュニティ・アート・プロジェクト 第1回『私と町の物語』展覧会 展覧会/アート・プロジェクト
■2002年度
■ワークショップ
2002年5月-2003年3月 2002年コミュニティ・アート・リーダー・トレーニング・アドバンスコース
総合
9月-11月 水と油による連続ワークショップ ダンス
10月5日-6日 振付ワークショップ&レクチャー・シリーズIII
アナ・サンチェス・コルバーグ「振付学レクチャー&ワークショップ」
ダンス
9月13日-16日> 振付ワークショップ&レクチャー・シリーズII
アダム・ベンジャミン「振付ワークショップ」
ダンス
7月24日-8月7日 ’02サマー・アート・スクール
『ピアノとあそぼう』/『アフリカン・ドラム』/『ドラマ』/『オムニバス・シアター』/『ダンス・ダイナミクス』/からだとことばのレッスン『ダンスの生まれる時』/『土から生まれる色と形』/『視覚を超える造形』
各種
7月13日 創造的な音楽ワークショップの作り方を学ぶ by 坪能 由紀子 音楽
6月、9月、10月

振付ワークショップ&レクチャーシリーズ
1 コンテンポラリーダンス・テクニック by 岩淵 多喜子
2 アダム・ベンジャミン「振付ワークショップ」 by アダム・ベンジャミン(9月実施)
3 「振付学レクチャー&ワークショップ」 by アナ・サンチェス・コルバーグ(10月実施)

ダンス
5月-7月 時々自動による連続ワークショップ ダンス
音楽
5月4-6日 デジタル・ミュージック・ワークショップ by ソニック・アーツ・ネットワーク 音楽
3月23、24日 2002 DANCE DYNAMICS by ヴォルフガング・シュタンゲ ダンス
3月2、3日

JOURNAL WRITING by ロイス・サンリッチ

ライティング
■シンポジウム、ディスカッション
3月31日 2002 DANCE DYNAMICS WORKSHOP by ヴォルフガング・シュタンゲ、木下勇&中野民夫
『ワークショップの手法は、教育や町づくりの現場にどのように活かせるか』
ダンス
■アート・プロジェクト
2002年8−11月 『私と町の物語』 アート・プロジェクト
■2001年度
■ワークショップ
12月1、2日

日本の民族舞踊からクリエイティブダンスを創る
by ケイ・タケイ、安達真理&わらび座

ダンス
9月15、16日、10月7、8日 身体障害のある方々と共に創るダンス・ワークショップ by アダム・ベンジャミン ダンス
7月27日-8月8日 ’01サマー・アート・スクール
(ダンス・ダイナミクス/墨絵アート/音と動きのパフォーマンスを創る&創造的な音楽づくり/「手で読む本」造形/空間創造としての演劇/創造的な音楽と動き/影絵劇/からだとことばのレッスン)
各種
6月29、30日 2001 コミュニティ・アート・リーダー・トレーニングコース 特別ワークショップシリーズ
らだとことばのレッスン−ダンスの始まる時へ向かって・・・ by 竹内敏晴
ダンス
5月3-5日 センサリー・アウェアネス・ワークショップ by ジュディス・ウィーヴァー セラピー
5月〜(通年) 2001表現ワークショップシリーズ1-4 各種
5月〜(通年) 1:日本の伝統音楽から創造的な音楽へ
2:アフリカの民族音楽から創造的な音楽へ
3:アジアの民族音楽から創造的な音楽へ
音楽

■公演

10月8日 『詩とダンスと谷中KIDS』〜ART-LINK上野ー谷中2001参加プロジェクト〜 by 谷川俊太郎&南村千里 詩&ダンス
9月9日 アダム・ベンジャミン&伊藤キム振付ダンス公演 ダンス
■シンポジウム、ディスカッション
2001年7月、8月 2001 サマー・アート・スクール パフォーマンス&ディスカッション
・A「音と動きのパフォーマンス」&トーク
・B 共通感覚と芸術表現
・C「今、“純粋ダンス”は可能か?」
ダンス
音楽
美術
2001年1月13、14日 2001年シンポジウム「アートが変わる、社会へ向かう」 総合
トップに戻る
V マスコミでの紹介事例
時期
メディア
プログラム
タイトル
2002/3/17
朝日新聞
2002/3/14
東京新聞
2002/3/5
読売新聞
2001/10/6 読売新聞 『詩とダンスと谷中KIDS』〜ART-LINK上野 「芸術の町」谷中の歴史 踊りと詩で表現
谷川俊太郎さんと地元小学生17人
2001/9/8 朝日新聞 13面 アダム・ベンジャミン&伊藤キム振付ダンス公演 新しい舞踊求めて
2001/1/13 朝日新聞 2001年シンポジウム「アートが変わる、社会へ向かう」 社会と芸術のあり方を考える
1999/7/7 読売新聞 サマー・アート・スクール 音楽、演劇・・・自己表現の場
1997/12/18 日本経済新聞 アダム・ベンジャミン・ワークショップ 車いすダンス「美」の瞬間

トップに戻る
©Muse Company, All rights reserved