■ワークショップ(音楽)
WORLD MUSIC WORKSHOP SERIES 3
〜世界の音楽にふれ、創造的な音楽づくりを体験する〜


アジアの民族音楽から創造的な音楽へ
2002年2月17日

 アジアには数多くの種類の竹が自生し、それらを使ったトリトン、クビン、バリンビン、ティンブンといった竹の楽器がいろいろあります。ここではそれらの多様な竹の楽器と音楽文化について牧野淳子さんから学び、そこから創造的な音楽の可能性を坪能由紀子さんといっしょに探っていきます。


  ■講師: 坪能 由紀子牧野 淳子
  ■日時: 2002年2月17日 AM11:00 〜 PM6:00
  ■会場: 東京グローブ座Aスタジオ
  ■定員: 30名
  ■参加費: 9,000円 
 
  ■Profile: 坪能 由紀子
   
高知大学教授、東京芸術大学講師。子どもの創造的な音楽活動に関わる研究を続けるかたわら、コンサートの企画、CDの監修、各地での講習やワークショップなど、子どもの音楽づくりの普及のため幅広い活動を行っている。著書に「音楽づくりのアイデア」などがある。
 
     
  ■Profile: 牧野 淳子
   
神戸大学大学院修士課程修了(音楽教育学)。京都文化短期大学・神戸大学講師を経て、大阪大学大学院博士課程(音楽学)にて、竹に関わる音楽・文化の研究を行う。亀岡市国際センター講師。各地で創造的な音楽表現のワークショップや教師研修会の講師も努める。関西音楽教育研究会代表。  
     
 
     
 

過去の記録一覧に戻る
トップに戻る
©Muse Company, All rights reserved
Designed by N Miyahara