■ワークショップ
2002年 
コミュニティー・アート・リーダー
トレーニング・アドバンス・コース
2002年5月-(通年)

 コミュニティに密着した「アート活動」を行うために必要なスキルが身につく、1年間のトレーニングコースです。

 学校週休2日制の導入に伴い、地域活動の重要性がいよいよ増しつつあります。このコースは、コミュニティに密着した「アート活動」を行うために必要なスキルが身につく、ワークショップを中心とした1年間のプログラムです。

 

 アート活動のプロセスを共に体験することから、いま社会に必要とされている参加型共同創造のアートの可能性を広げていきませんか?

 また、総合学習を考えて行く上での創造的で広い視野を身につけたい方々にも多くの示唆に富む内容です。

 このアドバンス・コースは昨年に引き続き2年目として行います。地域を拠点としたアート活動の経験のある方、社会教育、フリースクール、各種施設等で何らかの表現活動の指導経験のある方、クリエイティブなアート活動を目指している方の参加をお待ちしております。

※5月4日より、いよいよ1年間のトレーニング・コースが始まりました。定員に若干の空きがあるため、受講生を随時募集しています。ご希望の方は、事務局までご相談くださいませ!



  1.定例ワークショップ
 

 土曜日に高齢者の方々との、日曜日に障害のある方々とのワークショップを行います。9月以降には、ワークショップ・プランの立て方など実践についてのさまざまな指導を受けた上で、実際に定例ワークショップの中で受講生自らがリーダーとして場に立ち、講師及び受講生達からフィードバックを受けます。このプロセスが、最も指導者としての実力をつけていく時期になります。
 
 
 
■日程:

毎月1回の土曜日と日曜日:13:00〜17:00

  ■会場: 都内
  ■講師: 柴田礼子若栗文則
 
  ■Profile: 柴田礼子(創造的な音楽)
   
オーストリアのカール・オルフ研究所で「創造的な音楽と動き」の教育を学ぶ。音と動きの教室「シュピールハウス」主宰。障害のある子供との個人レッスン、グループレッスンを行う。 著書に、 「ピアノとあそぼう」(音楽の友社)がある。
   
 
  ■Profile: 若栗文則(クリエイティブ・ダンス―関わりから生まれるダンス)
   
10年以上、知的障害のある人達との表現活動に関わる。障害のある人を含め創造的表現活動を行う「LIFE PERFORMANCE夢人間」主催。ここでは、人との関わりから生まれる会話のような動きからダンスへ発展させていくことを学ぶ。
   
   


 
2.定例:表現のクラス
 


 参加者の表現を引き出していく指導者となるために自分自身の創造的な表現能力を養っていくための時間です。独自の表現活動を続けていらっしゃるアーティストを招き、最終的に作品をつくることを目標にしたワークショップ&パフォーマンス・シリーズ。

   
 
  ■日程:
時々自動(ダンス&ミュージック・パフォーマンス・グループ) 5月〜7月
(全8回)
◆水と油 (マイム・パフォーマンス・グループ) 9月〜11月
(全11回)
 
 
■時間:

水曜日 18:30〜21:00

  ■会場: 都内
  ■講師: 時々自動水と油
   
  ※遠隔地の方の場合、水曜日を除く参加も可能です。 詳しくは事務局まで。
 
  ■Profile: 時々自動
   
演出家で音楽家で俳優の朝比奈尚行を中心に、1985年に結成。音楽をメインに、ダンス、映像、美術などを独自の方法で融合させた時々自動のパフォーマンスは、ミュージック・シアターの新しい可能性として国内外で高く評価されている。
 
 
  ■Profile: 水と油
   
1995年結成。マイムを基盤としながらも既存の形にとらわれない独自のスタイルで多数公 演を行う。日本国内及び、フランス、イギリス等で高い評価を得ている。

 

写真提供:水と油
   


 
3.特別ワークショップ
 


 国内外で独自の創造的な表現活動や教育に携わる方々による、3〜4日間連続のワークショップです。

 

   創造的な音楽ワークショップ・シリーズ
  (1)創造的なデジタル・ミュージック・ワークショップ
 
■講師:
ソニック・アート・ネットワーク
 
■内容:
ソニック・アーツ・ネットワークは、コンピューターなど最新テクノロジーを使うと、今まで楽器を使ったことがない人も音楽の演奏や作曲が可能となり、そこに映像技術を加えるとさらに個々の表現の幅が広がるという、最新技術の革新性に着目し、人々の潜在的な音楽的才能や表現力の発見や、他者との音楽的・精神的ハーモニーの創造をサポートしている。

ナショナル・カリキュラム(教育省の学習指導要項)と有機的に連動させた学校プロジェクト(教師・生徒)や、地域住民とアーティストが共に音楽制作をするワークショップ、学校教員のためのトレーニング、お年寄り向けの作詞/作曲ワークショップなど広く行っている。また、音楽を合わせた自由な身体表現のあり方も住民とともに探求している。

     
  (2)創造的な音楽教授法
 
■講師:
坪能由紀子(高知大学教授・創造的な音楽教育)
 
■内容:

どうすれば一人一人のアイデアを活かして、クリエイティブな表現を創っていけるか。指導法についてのレクチャー&ワークショップ

     
  (3)ピアノとあそぶワークショップ
 
■講師:
柴田礼子
 
■内容:

従来の方法にとらわれないユニークで楽しい遊びから音楽づくりを探求する。

   
   
   振付ワークショップ・シリーズ
  (1)コンテンポラリー・ダンス・テクニック
 
■講師:
岩渕 多喜子(振付家)
 
Profile:
Dance Theatre LUDENS主催、芸術監督。ダンサーとして活躍しながら、振付家としても国内外のダンサーと共同で作品を多数制作。コンテンポラリー・ダンスの創造手法や方法論に習熟した日本では数少ない若手振付家の一人。
     
  (2)振付ワークショップ
 
■講師:
アダム・ベンジャミン
 
Profile:
身体障害のあるダンサーとないダンサーによって構成される英国のプロフェッショナル・ダンスカンパニー「CandoCo(カンドゥーコ)」 芸術監督・舞踊教育家。英国をはじめ、米国、ヨーロッパでワークショップ、レクチャーを行う。
     
  (3)振付学レクチャー
 
■講師:
アン・サンチェス・コルバーグ
 
Profile:
ラバンセンター(英国)振り付け学講師。
   
   
   その他、音楽・ダンス・美術ワークショップなど
  (1)ダンス・ダイナミクス・ワークショップ
 
■講師:
ヴォルフガング・シュタンゲ
 
Profile:
ロンドン現代舞踊学校卒業後、ロンドンを拠点に1975年から障害を持つ人達、精神障害のある人達にクリエイティブ・ダンスを教え始め、英国におけるこの分野におけるパイオニアとして活躍。現在、ハマースミス&レジャー・サービスの講師。その他にオーストリア国立音楽芸術大学モーツァルテウム「カール・オルフ研究所」サマー・コース講師を勤めるほか、各国でワークショップを行う。1980年よりヨーロッパで高い評価のある障害をもつ人ともたない人を団員とするアミキ・ダンス・シアター・カンパニー主宰。
     
  (2)コミュニティ・ドラマ・ワークショップ
 
■講師:
ブルース・グレイドウィン
 
Profile:
オーストラリアにて知的障害者との演劇活動に多数の経験を持つ。「Back to Back Theatre」演出家。
   
   


 
4.実習
 
 2002年1月〜3月頃、障害者施設、高齢者施設、児童館などにて、実際にトレーニングコース受講生がリーダーとなって、ワークショップを行う。

その準備期間として、9月頃〜12月までは、自らの実習へ向けての経験を積むという意味で、「アーティストinホスピタル」と題して、受講生は実際のワークショップ現場にアシスタントとして関わる。
受講生は数名ごとのグループに分かれ、いくつかあるプロジェクトの中から興味のあるものを選び、そのプロジェクトを行うアーティストのアシスタントという形で、実際にプロジェクトに関わる。ここでいうプロジェクトとは、高齢者施設や病院の中で、そこで暮らす人々と対象に、様々なアーティストがワークショップを行うというもの。


  ■講師: 沢 則行(アーティスト)
  ■Profile:
人形芝居アーティスト。チェコ国立芸術アカデミー(演劇・人形劇学部)講師。プラハを拠点に世界各国で人形劇を上演し、高い評価を得ている。氏製作のオリジナル人形も多数あり、現在も一人芝居の人形舞台活動を精力的に行う。プラハ在住。

   
     
   
その他、アーティスト交渉中!!
   


 
コース概要
     
  ■対象: 地域を拠点としたアート活動の経験のある方、社会教育、フリースクール、各種施設等で何らかの表現活動の指導経験のある方、クリエイティブなアート活動を目指している方の参加をお待ちしております。

※遠隔地の方は定例ワークショップ(土・日)と特別ワークショップのみの参加も可能です。

 
  ■期間: 2002年5月〜2003年3月(1年間)
 
  ■費用:

295,000円
※現在、空席に途中からご参加希望の方は、事務局まで費用などについてはお問合せください。

1年分金納制。 遠隔地の方で定例表現のクラスに参加されない方は225,000円。

※ご入金後のキャンセルに関しましてはキャンセル料がかかりますのでご了承ください。

振込先/郵便振替00140−5−725206

 
  ■応募方法:

指定の応募用紙にご記入の上、事務局までお送り下さい。

クリエイティブ・アート実行委員会
〒107-0062 東京都港区南青山4-6-10-101 ミューズ・カンパニー内 
TEL: 03-3479-8535 (10:00-18:00)
FAX: 03-3402-5438
E-mail: MuseKK@aol.com

※応募用紙のご請求はお電話、FAX、電子メールに以下の事項を記載の上、送信願います。(1)お名前、(2)ご住所、(3)お電話、FAX、電子メール、(4)ご職業。

     
 
 

現在進行中のプログラム一覧
トップに戻る
©Muse Company, All rights reserved
Designed by N Miyahara