■ワークショップ(総合)
2006年7月24日(月)-8月6日(日) ※展覧会:8月29日(火)-9月3(日)

 

このスクールはアート・ワークショップを通して人が「創造的である」ことから広がる可能性を探求する場です。 創造的であるとき、私達は自らからの枠を超え、新しいアートの表現を生み出すことができるだけでなく、社会の変革をも促すことができます。

ここに参加するさまざまな人達の違いを分かち合い、生かし合う体験をしませんか?

 

 

  ■プログラム(ダンス、身体表現、音楽、美術)
     
  ●ダンス 『ダンス・ダイナミクス』 
 

DANCE DYNAMICS 

 ダンス・ダイナミクスは、型どおりに踊るのではなく、さまざまな個性や可能性をもった人々と共に、どのように互いの動きを生かし合いながらダンスを創っていけるか、あなた自身が「創造的になること」を体験するワークショップです。 自分自身のからだと素直に向き合いながら、まわりの人との関わりやグループのダイナミズムを生かして即興的にダンスを創りだしていきます。ひとりひとりの違いを生かし創造性を引き出していくヴォルフガングさんの人柄と手法はこれから表現活動をリードしていきたい方々にとっても多くことを示唆してくれます。

講師:ヴォルフガング・シュタンゲ

     
  ●身体表現 『サイン・マイム・ワークショップ
 

SIGN-MINE Workshop

 サインマイムは手話とパントマイムの特徴を合わせてつくり出された表現方法です。からだ全体の動きのみならず、特に手や指、腕、表情などの動きを使って風景や心情を豊かに表したり、ロング・ショットやクローズ・アップなどの映画的な手法を取り入れたパフォーマンスを創り出したりと、その表現には奥行きとイマジネーションの広がりがあります。ある決まった意味を持つ手話とは異なり、ひとりひとりの感性と創造性によって、さまざまな表現を創り出していきます。 (手話通訳つき)

講師:井崎哲也

     
  ●身体表現 『からだとことばのレッスン「うたの始まる時」
 

AWARENESS LESSON for BODY-WORD

  歌にはことばがあります。ことばは歌となる以前に他者へ働きかけるものです。「〇〇くん、あそびましょ」といった呼びかけからメロディが生まれてくる例などを探りつつ、どのような瞬間にことばが歌として立ち上がってくるのか、そのプロセスを体験していきます。声がうまく出ない、話せないと思っている方にとっても、また、人と関わる仕事に携わっている方にとっても、ことばがいきいきと自分の中に現れ、他者へと向かう体験を深めることになるでしょう。

講師:竹内敏晴

     
  ●音楽 『創造的な音楽ワークショップ』 
 

CREATIVE MUSIC

 楽譜を見て演奏したり歌う従来の音楽づくりではなく、さまざまな楽器の音や声を五感で感じ全身で表現するなど、より自由な音楽表現をみんなで創っていきます。パートナーと楽器で対話したり、絵本を使って音の物語を創ったり、ひとりひとりの異なる個性が響きあい創造的な音楽と動きの生まれる場をぜひ体験してみてください。

講師:飯塚暁子

     
  ●音楽 『ナンセンス発想術&劇場型リズム』ワークショップ
   

NONSENSE IDEAGENERATION&RHYTHEMICTHEATRE

 発明やアイデアはある日、天啓のようにやってくるのではなく、自分自身の発想の次元をいかに広げることができるかによって思いもかけないアイデアが生まれてきます。さまざまなユニークな作品を生み出し続ける明和電機の独創性と技術力を身を持って体験し、あなた自身の独創性を磨くワークショップです。ものづくりの発想術シートから頭の柔軟体操を始め、まわりの壁や物から音を発見し、リズムをつくっていくだけでなく、明和電機的工作術による自動リズム装置を会場に取り付けることによって会場全体を劇場化していきます。また、柔軟な頭脳によるオリジナルな打楽器づくりも行い、最後にパフォーマンスを行います。自らが創造的である体験が、他者のアイデアを育み、広げていくことにつながります。また、視覚障害のある方でリズムや楽器づくりに関心のある方には特に参加して頂きたいワークショップです。

講師:明和電機 土佐信道

     
  ●美術 『未知の表現と出会う絵画』ワークショップ
 

ENCOUNTERING UNDISCOVERED EXPRESSION through VISUAL ART

 絵本作家として、長年、知的障害のある人達との絵画表現活動をされてきたはたよしこさんが、これまでの経験を通して、根本的に既成の美術教育と真っ向対照的な手法で、描くことの体験を深めるワークショップを行います。これまでの美術教育でありがちな全体のバランスを取るデッサンや色彩構成を考える、といったことから離れ、障害のある人達の表現にある「即行」「即興」「増殖」「反復」といった独特の絵画表現にトライします。多様で豊かな表現を持つ仲間とお互いを触発し合いながら、自分本来の表現と出会える3日間です。

講師:はた よしこ

     
  ●美術 『手で見る造形&鑑賞術』 
 

ART to TOUCH and FEEL

 「手で見る」ということはどのようなことなのでしょうか。これまでこのワークショップでは視覚に頼らず造形の作品をつくることにフォーカスしてきましたが、今年は「手で見る」という体験をもう少し深めていきたいと考えています。触覚を通すことにより私達は作品の鑑賞をより深めることができるのでしょうか? 触覚やそれ以外の感覚にも耳を澄ますワークも体験しながら、また、作品を創作するプロセスも織り込みつつ、鑑賞することの本質を探るワークショップです。また、今回は体験を深めるために動く点字ディスプレイなどのテクノロジーを生かした作品を創られたアーティストや身体感覚ワークの専門家の方々と協働していきます。

講師:西村陽平 ゲスト講師:古川聖、牛大悟、豊田美楠子

     
  ●展覧会 “サマーアートスクール展覧会” 
   

EXHIBITION

 この展覧会では、はたよしこさんによる「未知の表現と出会う絵画ワークショップ」で生まれてきた作品と、西村陽平さん、及び「手で見る造形&鑑賞術ワークショップ」参加者の協力による「手で見る鑑賞展」を行います。 

 

 

☆ ☆ ☆
主催:クリエイティブ・アート実行委員会
共催:東京都教育委員会
助成:芸術文化振興基金、独立行政法人福祉医療機構
協賛:伊藤忠商事株式会社 株式会社資生堂  三井住友海上火災保険株式会社 スマイルハートクラブ

機材協力:ケージーエス株式会社 

後援:文化庁  社会福祉法人東京都知的障害者育成会
    社団法人東京都盲人福祉協会  財団法人全日本ろうあ連盟
    聴覚障害児と共に歩む会・トライアングル  社団法人全国肢体不自由児・者父母の会連合会

企画&事務局:株式会社ミューズ・カンパニー

 

 
 
  お申込方法、お問い合わせはこちらへ。
 

 
 

過去のプログラム一覧
トップに戻る
©Muse Company, All rights reserved
Designed by N Miyahara