予定していました第8回公演有料動画配信は中止となりました


主催:クリエイティブ・アート実行委員会
助成:芸術文化振興基金 芸術文化振興基金  アーツカウンシル東京
制作:ミューズ・カンパニー


「逆さまの三月」
当てはまる言葉がない感覚を、なかったことにしないように。意味も実体もない、さわれないのに信じている。または信じていない。経た月日、これからの予感。言葉に翻訳することによって失われる”何か”を、今一度すくいあげるような、3人の人間が在るダンスを、3人と共に作ります。

振付・構成・演出:横山彰乃(よこやまあやの)
出演:中西涼花、泉葉子、菅谷有紗


■振付家プロフィール 横山彰乃(よこやまあやの)
長野県の山奥にて、幼少期よりモダンダンスを始める。
2009年より東京ELECTROCK STAIRS中心メンバーとして国内外の全作品に出演。2016年、lal banshees(らばんしーず)立ち上げ。ストリート・モダンダンステクニックをベースとしながら、囚われず派生する身体の動きに着目し、独特のムーヴメントを目指す。
これまでに、敢えて女性の身体に絞り中性的で音と動きの関係性が深い作品を発表。ソロ作品で、横浜ダンスコレクション2020コンペティション1審査員賞とポロサス寄付基金Camping2020賞を受賞。普通の事をファンタジックに切り取り現実に戻す音楽的ダンスを体現する。


「鳴りやまない騒音や終わりのない苛立ちのなかにどれだけしゃべっても伝わらない何かが残った

『家族ゲーム』に例えると、私は松田優作のような気持ちでいます。他所の家族というのは不可解なものです。逆にその家族にとって私はさぞ不可解でしょう。カンパニーに振付をするという行為は、そこで絶妙に保たれてきたバランスを崩すことだってあり得る。
ただ私は、自分のやりたいことの為のコマのようにダンサーを見ることができませんので、目に涙を溜め中止になった公演の振りを踊る彼女を、お金がないんですよねーと笑って見せた彼を、さわっていいですよとさわらせてくれた足を、気前よく乗せてくれた彼女のマシンを、、、全部無視することができない。
彼らと私は何ができるでしょうか。たまたま出会えたことに感謝し、約1ヶ月半、最高の作品に出会う為にその「たまたま」を容赦なく使いましょう。

振付・構成・演出:倉田翠(くらたみどり)
出演:天方真帆、加藤理愛、鈴木隆司、鶴家一仁、手塚バウシュ、矢島みなみ、小林寛司


■振付家プロフィール 倉田翠(くらたみどり)
1987年生まれ。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。3歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。京都を中心に、演出家・振付家・ダンサーとして活動。作品ごとに自身や他者と向かい合い、そこに生じる事象を舞台構造を使ってフィクションとして立ち上がらせることで「ダンス」の可能性を探求している。2016年より、倉田翠とテクニカルスタッフのみの団体、akakilike(アカキライク)の主宰を務める。セゾン文化財団セゾン・フェローT

Integrated Dance Company 響-Kyo
2014年、車椅子を利用するダンサーを交え、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく設立、社会とアートをつなぐ活動として注目を集める。これまでに招いた振付家は鈴木ユキオ、Adam Benjamin、岩淵多喜子(以上2015年)、Didier Theron、スズキ拓朗(以上2017年)、Thomas Noone、平原慎太郎(以上2018年)、Athina Vahla、黒須育海ら実力のある国内外の方々であり、今後も新たな振付家達と意欲的な作品を生み出していく予定である。海外ツアーとして、2017年9月に英国二都市で2018年には韓国KIADAフェスティバルに招聘、ソウルにて公演を行う。2018〜2019年度「文化庁戦略的文化創造推進事業」にて隠岐諸島での公演&ワークショップなども行っている。
アーティスティック・アドバイザー:Adam Benjamin
プロデューサー&クリエイティブ・ディレクター:伊地知裕子

■スタッフ
照明:三枝淳
音響:大園康司
舞台監督:河内崇
衣裳:宮村泉
制作:ミューズ・カンパニー 南もえ子、平多理恵子
統括:伊地知裕子

 

■日時 2021年 3月27日(土)18:00開演
28日(日)15:00開演
◇有料配信(中止となりました)

■会場 〒171-0021
東京芸術劇場シアターウエスト

「第8回公演有料動画配信停止のご案内」
2月より有料配信を行う旨、広報してまいりましたが、ここにきて、振付に使用する楽曲のうち、海外著作権者、また、隣接権者との交渉がまとまらず、直前になりましたが、有料動画配信を停止することといたしました。まことに残念ですが、本日を持ちましてPeatixへのお申し込みができないように手配いたしております。お申し込みを検討されていらっしゃる方々にはご不便をおかけすることになり申し訳ありません。ただ、公演自体は予定通り(3月27日―28日)開催致します。
なお、現在、無料配信を行っておりますインテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo横浜公演の動画はおかげさまで1.600人を超える方々にご視聴頂いておりますが、3月23日を持ちまして公開を終了いたします。
まだ、ご覧になっていらっしゃらない方でご興味のある方はお早めにご視聴くださいますようご案内申し上げます

https://www.youtube.com/watch?v=v9lisWzG09I&t=538



■入場料(全席自由)・チケット発売
□一般      
 前売り 3,500円、当日 4,000円

□一般用チケット申し込み専用フォーム
 http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b86f6512ac

障害のある方、学生割引
 前売り 3,000円、当日 3,500円
(当日、学生証、障害者手帳をお持ちください。)
*お一人でお越しになれない障害者の介助の方は1名のみ無料
*会場の都合により、車イス等をご利用の方はできるだけ2日前までにお申込みください。
□障害のある方、学生の申込方法
 e-mailかファックスで予約申し込み、郵便振替で送金後、チケット送付
1.予約
 e-mail(creative.muse2013@gmail.com)かファックスで、
 タイトルを『Integrated Dance Company 響-Kyo 第8回公演』とし、
 下記1〜8についてご記入の上、お申込みください。
 送信後3日以上返信の無い場合、メール・ファックスが届いていない可能性がありますのでお電話ください。
 定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。


 タイトル『Integrated Dance Company 響-Kyo 第8回公演』
 1.お名前(ふりがな付き)
 2.ご住所
 3.お電話番号 
 4.e-mail Address(ある方のみ)
 5.年齢
 6.職業(具体的に)
 7.障害の有無(@障害の種類、A介助者の有無、B車椅子の方は電動車いすか通常の車椅子かの別と付き添いの方の有無についてお書きください)
 8.日時 ◇2021年3月27日(土)18:00〜  3,000円  枚    円
      ◇2021年3月28日(日)15:00〜  3,000円  枚    円  計     円

2.お振り込み
予約後1週間以内に参加費をお振り込みください。
(ご入金が遅れる場合はその旨、遠慮なくご連絡ください)
◆郵便局からのお振込
 郵便振替 00140-5-725206 クリエイティブ・アート実行委員会
◆銀行からのお振込
 ゆうちょ銀行 019支店 当座預金 0725206 
 クリエイティブ・アート実行委員会
 郵便局からお振込みの場合、振込用紙にはご住所・お名前・電話番号を正確にご記入ください。また通信欄には『Integrated Dance Company 響-Kyo 第8回公演』と日程をご記入くださいますようお願い致します。
3.チケット送付
お申込みいただいた参加者の皆様に順次、チケットをお送りいたします。



■会場アクセス
〒171-0021
東京芸術劇場シアターウエスト
東京都豊島区西池袋1-8-1
TEL: 03-5391-2111(代)
◇JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
駅地下通路2b出口と直結
* 車椅子でお越しの方は受付で会場椅子席までご案内します

■主催 クリエイティブ・アート実行委員会

■助成:芸術文化振興基金 芸術文化振興基金  アーツカウンシル東京
■制作:ミューズ・カンパニー


■お問合せ クリエイティブ・アート実行委員会
(事務局:ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5-201
電話: 03-6426-5182  Fax: 03-6426-5183
e-mail: musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp
facebook: https://www.facebook.com/artmusekk

HOMEへ戻る